将棋はじめました。

2015年10月開始。現在の棋力はウォーズ二段ぐらい。

【感想戦】対四間飛車穴熊

久々将棋。

平日は疲れてやりづらいので。

四間飛車穴熊に対して急戦。

f:id:gomikass05:20181006223037j:plain

厳密にいうと四間飛車穴熊に対して急戦は損な作戦。

しかし今回は序盤に変則的な出だしで上図になり、▲3六歩を決めていることもあって、急戦でいいやという発想。

あと指し慣れているというのもある。

ただ本当は持久戦(銀冠)にしたかった。

f:id:gomikass05:20181006223311j:plain

まずポイントの局面は上図でここであっさり▲8八角と引き上げたのが損。

ここは▲4四歩が入る。

後手は飛車と角の位置関係が悪く、角を取っても▲4三歩成が激痛。

また△4四同銀or△4四同金としても角を切り飛ばして、4三に金駒を放り込めば優勢だった。

本譜はこの金上がり自体があまりいい手に見えなかったので、角を引いておいても十分だろうと考えて引いた。

上図から▲8八角なら+120。▲4四歩なら+500。

f:id:gomikass05:20181006224029j:plain

本譜のハイライト。

この局面は相当いいと思っていたけど、それは楽観で+300ぐらいしか本当はなかった。

というのもここで▲4五桂が良いと思っていた。

しかし▲4五桂としても後の▲5三桂成には△6四角の切り返しがあるのを見落としていた。

なので上図では▲4五桂ではなく▲2四飛とし、△2三歩に対し、じっと飛車を引いておいてよい。

先手は飛車は成れないが、後手の飛車が動けばいつでも敵陣に侵入できるので、そんなに急ぐ局面でもなかったっぽい。

 

結果は勝ち。

穴熊に対して急戦は薄すぎて、右辺で相当なポイントを上げないといけないのがキツイ。

持久戦やりたいけど、経験値が少ないのでもっと指さないとなー。