将棋はじめました。

2015年10月開始。現在の棋力はウォーズ二段ぐらい。

【感想戦】対玉頭銀

久しぶりに24。

貧乏なのでウォーズの課金をやめて、しばらく無料のアプリで遊ぶ。

 

対玉頭銀。

本局は形勢判断がすこぶる悪い。

f:id:gomikass05:20190108000836j:plain

上図は後手優勢。

しかし対局中はなぜか自分がやれると思い込んでいた。

駒割りは桂損なのでよほどの清算がないと自信が持てないはずなのに。

相手の美濃囲いが崩壊しているように見えるけど、5一歩がとにかく堅い。

この後も後手の受けに四苦八苦することになる。

f:id:gomikass05:20190108001340j:plain

相手の受けに苦しんでとうとう出てしまった敗着級の大悪手。

本譜は△8七香成だったから助かったが(自分もそれしか読んでないかった)、馬で突っ込まれたら死んでた。

△8七馬▲6八玉△8八飛▲5九玉に△6九馬が利く。

▲同玉なら△8九飛成が一間龍だし、逃げても一手一手。

こんな簡単な筋を見逃すなんて・・・。

最近あまり将棋やっていないところが出てますね。

f:id:gomikass05:20190108001938j:plain

 

泥沼化した局面は先手玉はいつ仕留められても仕方ない状況に。

こんなはずじゃなかったんだけど・・・。

局面は後手勝勢でここで必殺の一手が△4二馬!

▲同とは先手の攻めが遅すぎて勝負にならないし、▲6二とと飛車を取るのも次の△8六馬が激痛。

はー相手の良い手ばかりみつかりますね。。。

 

最後はなんとか勝ってよかったけど、すごい弱くなっていると実感。

以前のように激トレーニングできる時間と気力があればよいのですが・・・。

最近読んだ本など

以前は将棋強くなることを目標にトレーニングに励んでいたわけですが、

現在は完全に楽しむほうにシフトしています。

毎日解いていた詰将棋もやらなくなり、棋譜並べが中心になりました。

棋力はやはり少し落ちていて、まあそれは仕方ない。

最近読んだ本です。

 

史上最速の攻撃戦法 極限早繰り銀 (マイナビ将棋BOOKS)
 

 早繰り銀あまりやらないですが、相手が雁木模様で△3三角型にしている場合にやるぐらい。下手なので成功率は低い。

 

角交換振り飛車は出会った当初は天敵でしたが、現在は互角ぐらい。

手っ取り早く対策を用意したい人はyoutubeで勉強するとよいです。

 

 棋譜集。

21世紀編とうたっていますがなぜか2016年の棋譜が多い。

 

 

以下は読み終わってないけど、棋譜並べで使っている本。

 

結構前から並べてるけど全然終わる気配がない。

1年間で70局ぐらい指していてすごいボリュームです。

平日は0~2局。休日は最低4局並べてます。

 

 

平成29年版 将棋年鑑 2017

平成29年版 将棋年鑑 2017

 

 大分前に買って本棚で眠っていたのを引っ張り出してきました。

1980年代の棋譜ばかり並べていると出会えない戦型もあるので、最新形も並べようと。

ただ2016年~2017年の棋譜も今並べてみると、少し古い感じもします。

これは戦法の賞味期限が短くなっているということですね。

 

 

 

【次の一手】第43期名人戦 谷川名人vs中原王将

▲谷川名人△中原王将。

局面は後手優勢。

後手に強烈な次の一手がある。

次の一手は?

f:id:gomikass05:20181129111728j:plain

第43期名人戦第3局 谷川名人vs中原王将

 

 

 

 

 

正解は△7五銀。

▲同歩は△8六飛が十字飛車。

▲同金は△6六角が王手飛車。

 

実際の進行は上図から▲5七銀△8六銀▲8七歩△7七歩▲同桂△8七銀成▲同金△8六歩。後手中原王将が快勝。

実戦詰将棋

全てにおいて忙しすぎて、ほとんど将棋の勉強ができていません。

棋力も下降線を辿っていて、実感できるほどに。

やはり観る将が一番なのか?

 

自分の実戦から詰将棋

15手詰めですが、初手一択なので簡単です。

f:id:gomikass05:20181119234945j:plain

【感想戦】横歩取り青野流

風邪ひいたり仕事したりドラクエしたりで、将棋してませんでした。

久しぶりの将棋は先手で青野流。

 

f:id:gomikass05:20181105220209p:plain

上図みたいにがっしり固められると、さすがに攻めるのは大変なので、

▲3八銀~▲3五飛とかゆっくりした展開にするべき。

本譜はどこか隙はないか・・・とずっと探ってしまったために時間が無くなってしまいました。

f:id:gomikass05:20181105221127p:plain

すぐ死にそうな▲4五桂が生きる展開になってラッキーな上図。

ここで決め手は▲3四桂。

見れ見るほど普通の手だが、この決め手を華麗にスルー。

f:id:gomikass05:20181105221352p:plain

決め手を逃したせいで、こんな際どい局面に。

相手に角をプレゼントし、その代わり手番を握ってどうかというのが上図。

しかしここで△6四飛の一手と思っていたが、△同飛がありました。

▲同歩で王手飛車がかかってる。

上図は互角の形勢。

しかし飛車を逃げてくれたのでそのまま押し切って勝ち。

全く手が見えていないのでやばい弱くなってる。

 

【感想戦】横歩取り△8四飛型

エストから。

後手番で横歩取り

普通の△8四飛型へ。

f:id:gomikass05:20181022221305j:plain

上図は▲7五歩を咎められないかと思い、元気よく行きましたが無理筋です。

狙いは▲同歩△1八歩▲同香△5四角。

しかしその瞬間▲2三歩があります。

f:id:gomikass05:20181022221451j:plain

飛車道を自ら止めているため、この露骨な攻めが受かりません。

銀をよけると▲2三角が激痛。

ということで△2三銀と上がっている場合は飛車の横利きを止めないように注意。

 

f:id:gomikass05:20181022221652j:plain

飛車交換になり角を打ち込んだのは、やりすぎで自然に△2四飛成で優勢でした。

本譜も悪いわけではないですが明らかにやりすぎ。

このとき▲3九金ばかり読んでいて、本譜の▲4六歩をうっかり。

f:id:gomikass05:20181022222226j:plain

終盤戦は上図でギリギリだと思ってましたが、この局面は先手優勢。

結局玉は捕まえられませんでしたが、時間切れで勝ちというしょっぱい内容。

 

何が悪いかよくわからない将棋で、

f:id:gomikass05:20181022222513j:plain

中盤の上図から△2八龍とすれば有利だったらしい。

やはり龍が入れば相手の角の動きを制限できるのが大きかったようです。