【居角左美濃】終盤凡ミス

将棋クエスト10切れ。

居角左美濃対矢倉で局面は終盤。

後手番が自分で盤面は反転させてません。

f:id:gomikass05:20180424001356j:plain

ここで日和って△3三金がダメで、正着は△8四角。

玉頭の銀は金で守らているし、脅威はやはり飛車のほうです。

だから飛車の動きを封じながら王手できる△8四角は当たり前ながら、見落としていました。

変な合い駒なら6筋の成金を取ってしまえば後手陣は安泰だし、角を合い駒にすれば、同角と取った後、龍を活用できるし、これなら自分でも先手玉を捕まえられそう。

f:id:gomikass05:20180424001850j:plain

序盤からずっと優勢で上図でも2000点超えてるのに、このヘボい終盤は・・・。

ひどく反省しました。

結果は時間切れで負け。

 

あと切れ負け将棋ばかりやっていて思ったのですが、やはり道場行ってリアル将棋やらないとダメですね。なんだよ切れ負けって・・・。

24とか81道場でもいいんですが、人があまりいないので・・・。

あと熱量違うし。

ネット将棋は甘え!・・・とまでは言わないですが。

土日に久々、道場行こうかな。

【四間飛車急戦】5五歩への対応

四間飛車に対しては、よく急戦を用います。

たまに出てくるのが下記局面。

居飛車側が後手番のときに出てくる?先手番のときはないかも。

盤面は反転させてます。

f:id:gomikass05:20180421220814j:plain

居飛車の狙いは当然△6五歩ですが、そこで▲5五歩が飛車を5筋に回った理由。

角交換を拒否するために飛車を回った意味です。

f:id:gomikass05:20180421221156j:plain

これを△同角は当然▲同飛とするのですが、その局面は振り飛車が+400点ぐらいついてしまうので悪手。飛車厨だとしてもこれはやってはいけなくて、居飛車側は歩が伸びすぎていて、角の打ち込みに弱いという弱点があるのと、8筋の飛車があまり働かないです。

 

よってここは手抜いて△8六歩と飛車先の歩を突いて一局。

▲同歩ならそこで△6六歩。

f:id:gomikass05:20180421222209j:plain

▲同角なら△5五角で一局。

f:id:gomikass05:20180421222436j:plain

形勢は互角ですが、これは今後忘れないための備忘録として残しておきます。

【練習将棋】終盤の受け

久々の24にて。

玉頭銀+穴熊対急戦の将棋。

後手番が自分です。

f:id:gomikass05:20180416234034j:plain

形勢は終始後手優勢で進み、最終盤で先手が▲2一飛成としたところ。

このとき、後手は金銀の要塞に守らているし飛車を取れば、先手玉はほとんど受けなしなので自分の勝ちは揺るぎないと思っていました。

ところが先手が龍を切ってきて下図の状況。

f:id:gomikass05:20180416234438j:plain

この局面は後手優勢ですが、問題は何を合い駒するか。

自分はノータイムで金を合い駒にしてしまいましたが、これが大悪手で後手玉に詰みが生じてしまいました。

f:id:gomikass05:20180416234615j:plain

上図から

▲同馬△同玉▲6三金△同玉▲7五桂△5二玉▲6三銀△4一玉▲5二金△3一玉▲3四香△3三歩▲4二金△同玉▲3三成銀△5一玉▲5二銀打までで詰んでいるんですね・・・。

上図局面から▲3二金の筋ばかり読んでいて、この局面が先手勝ちだとは気づきませんでした。

どうやら金を合い駒に選択したのが悪く、飛車合いなら詰まなかったようです。(角合いも後手玉は詰み)

しかしいくら優勢だからと言って、ここで飛車合いは選択しづらいので、そもそも後手優勢の局面から、この局面になってしまうことに問題がありそうです。

ということで一番初めの図に戻って、

f:id:gomikass05:20180416235701j:plain

先手の狙いを読んで角筋を止めるのが一番安全な勝ち方のようです。

結果的には相手も詰み筋に気づかず、自分の勝ちになりましたが、持ち時間もまだ余っている状況だったので、こういうのをしっかりしないといけないですね。

 

【期間限定】詰将棋を無料でダウンロード

中島たか平さんの詰将棋が期間限定、無料で購入できるらしいと聞いて。

www.fgfan7.com

 

自分も以下をダウンロードしました。

著者の方は存じ上げないのですが、どんな詰将棋か楽しみです。

 

 

 

 

 

 

【ゴキゲン中飛車】超速に対する△5六歩への対応

まずは超速の基本図。

f:id:gomikass05:20180402132758p:plain

ここから△5六歩を仕掛けるとどうなるか。またその対応。

f:id:gomikass05:20180402133048p:plain

歩交換から3筋の歩を守るのが大事。

こうしておけば角交換からの△5五角もありません。

f:id:gomikass05:20180402133354p:plain

7筋の歩を取ってきたら角交換から▲5四角(▲6五角も可)で先手成功。

先手+300ぐらい(技巧2)。

 

次に銀対抗から△5六歩の場合の対応。

f:id:gomikass05:20180402134016p:plain

これが中々、難しい。

▲同歩△同飛となって▲6八銀と玉の脇を締めるのが、良さそう。

f:id:gomikass05:20180402135739p:plain

ここで△7六飛なら▲7七角か▲7七銀の二択ですが、どちらを指しても難しそうで一局。▲7七角なら持久戦で固め合いになって、狙いがはっきりしないので、個人的には▲7七銀のほうが好み。

f:id:gomikass05:20180402141217p:plain

▲7七銀型なら▲7九角と引く手があるので、2筋~3筋から仕掛ける狙いがはっきりしています。

これで先手+250ぐらい。

ただ玉は薄いので好みは分かれそう。

 

ちなみに△5六飛と逃げたら▲5五歩で飛車を捕獲できます。

f:id:gomikass05:20180402141658p:plain

上図で△5五同銀なら▲4五銀で飛車を捕まえられます。

 

 

ちなみに△5六飛型のままなら、どこかで飛車角交換に転じる手筋があります。

下図がそれで、▲2四歩~▲2二歩が手筋。

f:id:gomikass05:20180402142441p:plain

上図から△同角▲2四飛△3二金▲2二飛成△同金▲6五角といった形で攻めます。

f:id:gomikass05:20180402142759p:plain

この手筋は△5六飛型ならいつでも決行できますが、王手にならないように玉の脇を締めておいて、隙あらば決行するのが手堅いかなと思います。

ちなみに△5三飛としてきたら、手順に▲3七桂とすれば、将来取られそうな桂馬を使いながら▲4五桂を使えるので先手有利になります。

 

△5六歩に対するポイントは

・5筋に歩を使って守らないこと(相手のいいなりにならない)

・飛車が素通しで怖そうだけど、成られなければOKと考える。

・どこかで▲6五角を狙う。

 

角換わり後手速攻

最近、テレビゲームばかりやって将棋疎かでした。

ちょっと練習。

 

角換わり腰掛銀が好きでよく指します。

課題局面は下図。

f:id:gomikass05:20180323161513j:plain

先手が自分で後手が桂馬を跳ねて速攻してきたところ。

こういう手を指されるとムキになってしまうのは僕だけじゃないはず。

ところがこの攻めは成立していて、すでに後手が指しやすいです(技巧2:後手120点ぐらい)。

後手から8筋の歩を交換されて下図。

 

f:id:gomikass05:20180323161957j:plain

これで後手+250点ぐらいなので後手の作戦勝ち。

 

7筋の金を守っているが飛車だけなので、飛車を動かすことができません。

技巧2の読み筋は▲5八飛△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8一飛。

これは7筋の歩を取られてしまって先手不満なので指す気がしません。

ちなみに、上図は先手が自然に応接しているようにも見えるのですが、▲8七歩では▲8八歩のほうが良いようです。

理由は▲6八玉としたときに△8八歩が入るからです。

f:id:gomikass05:20180323162936j:plain

▲同金なら△7九角が痛打で後手優勢。

これを防ぐための▲8八歩ですが、その局面でも後手+100ぐらいなんで、先手としてはその前の局面で改善点があります。

f:id:gomikass05:20180323163310j:plain

この局面が改善ポイントで▲3七桂などと悠長なことをやっていては、上図のような局面になり後手作戦勝ち。

ここでは▲6六歩と桂馬の飛んでくるのを未然に防ぐ一手だったようです。

それでも△6五歩としてきたら?

f:id:gomikass05:20180323163606j:plain

先手は振り飛車にして応接。

これで先手+300ぐらいなんでこれは先手が指しやすいようです。

この後、先手は玉を右側に寄せていけば良いです。

ということで△6五歩は疑問手で、後手は△6三銀と普通の腰掛銀を目指すことになりそうです。

 

角換わりは駒組の段階から細かく難しいですね。

この速攻をやられたのが2度目なので気になって調べました。

良い課題局面がえられましたね(結果はボロ負け)。

【練習】角換わりの仕掛け

暇にもかかわらず毎日寝てばかりで将棋の勉強もおろそか。

今日は感覚が鈍っていることを再確認しました。

f:id:gomikass05:20180310012432j:plain

先手が自分で、相手は早繰り銀なのに全然攻めてこなくて上図。

ここで▲6五歩としたのが感覚が鈍っている証拠です。

▲6五歩△同桂▲同銀△5五銀▲同角△同歩。

2枚換えだし、何とかなるっしょとか思っていましたが、この仕掛けは成立していません。

なぜなら玉の位置が盤面の中央にいて、なぜ玉頭の歩を突いて仕掛けたし。

これではあまりにも危険すぎます。

結果は後手優勢のまま、相手がなぜか時間切れになってしまい、勝ちになりましたが、こういうところを慎重にやらなければいけないと反省。