将棋はじめました。

2015年10月開始。現在の棋力はウォーズ二段ぐらい。

【ゴキゲン中飛車】超速に対する△5六歩への対応

まずは超速の基本図。

f:id:gomikass05:20180402132758p:plain

ここから△5六歩を仕掛けるとどうなるか。またその対応。

f:id:gomikass05:20180402133048p:plain

歩交換から3筋の歩を守るのが大事。

こうしておけば角交換からの△5五角もありません。

f:id:gomikass05:20180402133354p:plain

7筋の歩を取ってきたら角交換から▲5四角(▲6五角も可)で先手成功。

先手+300ぐらい(技巧2)。

 

次に銀対抗から△5六歩の場合の対応。

f:id:gomikass05:20180402134016p:plain

これが中々、難しい。

▲同歩△同飛となって▲6八銀と玉の脇を締めるのが、良さそう。

f:id:gomikass05:20180402135739p:plain

ここで△7六飛なら▲7七角か▲7七銀の二択ですが、どちらを指しても難しそうで一局。▲7七角なら持久戦で固め合いになって、狙いがはっきりしないので、個人的には▲7七銀のほうが好み。

f:id:gomikass05:20180402141217p:plain

▲7七銀型なら▲7九角と引く手があるので、2筋~3筋から仕掛ける狙いがはっきりしています。

これで先手+250ぐらい。

ただ玉は薄いので好みは分かれそう。

 

ちなみに△5六飛と逃げたら▲5五歩で飛車を捕獲できます。

f:id:gomikass05:20180402141658p:plain

上図で△5五同銀なら▲4五銀で飛車を捕まえられます。

 

 

ちなみに△5六飛型のままなら、どこかで飛車角交換に転じる手筋があります。

下図がそれで、▲2四歩~▲2二歩が手筋。

f:id:gomikass05:20180402142441p:plain

上図から△同角▲2四飛△3二金▲2二飛成△同金▲6五角といった形で攻めます。

f:id:gomikass05:20180402142759p:plain

この手筋は△5六飛型ならいつでも決行できますが、王手にならないように玉の脇を締めておいて、隙あらば決行するのが手堅いかなと思います。

ちなみに△5三飛としてきたら、手順に▲3七桂とすれば、将来取られそうな桂馬を使いながら▲4五桂を使えるので先手有利になります。

 

△5六歩に対するポイントは

・5筋に歩を使って守らないこと(相手のいいなりにならない)

・飛車が素通しで怖そうだけど、成られなければOKと考える。

・どこかで▲6五角を狙う。