将棋はじめました。

2015年10月開始。現在の棋力はウォーズ二段ぐらい。

【実戦詰将棋】最後のチャンス

角換わり腰掛銀の対局から。 先手が自分で、下図は最後のチャンス。 ここで自分は読み切れず▲8六銀と受けたが、△3八飛とおろされて敗戦。 下図は後手玉が詰んでいる。 【解答】 ▲3三桂成△同玉▲3四歩△同玉▲3五歩△同飛▲同金△4三玉▲3四銀打△5二玉▲4四…

【感想戦】対四間飛車

24から。 対振り飛車には最近elmo囲いを採用している。 勝率は5割くらいで、あんまり指し慣れていないけど積極採用。 多分定跡とか探せばそれなりにあると思うけど、全然知らない。 後手が自分。 仕掛けのタイミングはここ。 △7五歩が正着。 本譜は△7三…

【感想戦】対玉頭銀

久しぶりに24。 貧乏なのでウォーズの課金をやめて、しばらく無料のアプリで遊ぶ。 対玉頭銀。 本局は形勢判断がすこぶる悪い。 上図は後手優勢。 しかし対局中はなぜか自分がやれると思い込んでいた。 駒割りは桂損なのでよほどの清算がないと自信が持て…

最近読んだ本など

以前は将棋強くなることを目標にトレーニングに励んでいたわけですが、 現在は完全に楽しむほうにシフトしています。 毎日解いていた詰将棋もやらなくなり、棋譜並べが中心になりました。 棋力はやはり少し落ちていて、まあそれは仕方ない。 最近読んだ本で…

【詰将棋】実戦詰将棋

ウォーズ3切れから11手詰め。 ★解答★ ▲3二銀成△同玉▲2四桂△同歩▲4一角△同玉▲2三角△3二銀△3一金△4二玉▲3二角成まで。

【次の一手】第43期名人戦 谷川名人vs中原王将

▲谷川名人△中原王将。 局面は後手優勢。 後手に強烈な次の一手がある。 次の一手は? 第43期名人戦第3局 谷川名人vs中原王将 正解は△7五銀。 ▲同歩は△8六飛が十字飛車。 ▲同金は△6六角が王手飛車。 実際の進行は上図から▲5七銀△8六銀▲8七歩△7七歩▲同…

実戦詰将棋

全てにおいて忙しすぎて、ほとんど将棋の勉強ができていません。 棋力も下降線を辿っていて、実感できるほどに。 やはり観る将が一番なのか? 自分の実戦から詰将棋。 15手詰めですが、初手一択なので簡単です。

【感想戦】横歩取り青野流

風邪ひいたり仕事したりドラクエしたりで、将棋してませんでした。 久しぶりの将棋は先手で青野流。 上図みたいにがっしり固められると、さすがに攻めるのは大変なので、 ▲3八銀~▲3五飛とかゆっくりした展開にするべき。 本譜はどこか隙はないか・・・と…

【感想戦】横歩取り△8四飛型

クエストから。 後手番で横歩取り。 普通の△8四飛型へ。 上図は▲7五歩を咎められないかと思い、元気よく行きましたが無理筋です。 狙いは▲同歩△1八歩▲同香△5四角。 しかしその瞬間▲2三歩があります。 飛車道を自ら止めているため、この露骨な攻めが受か…

【感想戦】角換わり腰掛銀

24から。 最近は早指しばかりで・・・。 15分+30秒将棋もやりたいけど、相手がいない。 やはり長めの将棋をやるなら道場行くしかないのかなー。 今日は角換わり腰掛銀の後手番。 形とばかりに飛車を回ったけど、これは悪手。 この形は▲4八金+▲2九飛型…

【感想戦】対矢倉(左美濃急戦)

24から。 先手の矢倉に対し、左美濃急戦で挑んだ。 後手が自分。 いつもは△5二金型だけど、左美濃急戦の本を読んだし、ちょっと趣向を変えて△6二金+△8一飛型で挑む。 左美濃急戦は後手が攻める展開になるけど、切れる可能性が高い攻めなので、低級者に…

左美濃急戦最新編読了

読み終わった。 規格外の新戦法 矢倉左美濃急戦 最新編 (マイナビ将棋BOOKS) 作者: 斎藤慎太郎 出版社/メーカー: マイナビ出版 発売日: 2017/09/14 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 将棋世界 2018年6月号 出版社/メーカ…

【感想戦】対四間飛車穴熊

久々将棋。 平日は疲れてやりづらいので。 対四間飛車穴熊に対して急戦。 厳密にいうと四間飛車穴熊に対して急戦は損な作戦。 しかし今回は序盤に変則的な出だしで上図になり、▲3六歩を決めていることもあって、急戦でいいやという発想。 あと指し慣れてい…

【感想戦】対ゴキゲン中飛車その2

24から。 本日2局目はまたもや対ゴキゲン中飛車。 はじめこそゴキゲン中飛車の出だしだったが、角道を相手が止めてきた。 これたまにやってくる人がいるんだけど、一つの形として認識されているんだろうか。 角道止めるなら初めから角道止めたほうが変わっ…

【感想戦】対ゴキゲン中飛車

24から。 後手が早々に5筋の歩を切ってきて乱戦に。 歩を叩いてきて、どう対処するかの分岐で間違える。 上図は先手が指しやすく、自分もそう思っていた。 ▲同飛は△2八角なので△同銀と取る。 そんな簡単な罠にはかからないぜ・・・。 この手が全く見えて…

【感想戦】対青野流

24から。 横歩取り後手番対青野流です。 前回の感想戦で出て来たらやろうと書いた局面。 前回は△7四歩~△7三桂でしたが、今回は△5五角。 しかし中住まいにするのを忘れていた。 今度は忘れないようにしよう。 後手問題の局面。 飛車成を受けるためには3…

谷川浩司全集Ⅰ読了+最近読んだ本とか

谷川浩司全集Ⅰ読み終わりました(並べ終わりました)。 谷川浩司全集I 名人就位まで (プレミアムブックス版) 作者: 谷川浩司 出版社/メーカー: マイナビ出版 発売日: 2018/04/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る かなり長い時間並べていたかも…

【感想戦】対中飛車

クエストから。 本当は24やりたいけどあんまりマッチしないので。 相手は角道を止めるタイプの中飛車で旧式中飛車と自分では呼んでいる。 このタイプの中飛車は穴熊に苦労してプロ間で消滅したと、渡辺明先生の本で読んだ気がするが、早めに端を突いたことを…

【感想戦】対角交換振り飛車

24から。 後手が自分。 変則的な角交換振り飛車の出だし。 これって意味は△4五角防ぎって事? △4五角が嫌なら普通の角交換四間飛車にすればいいのに、というのは野暮なんでしょうか。 このあたりの振り飛車の狙いはよくわかりません。 指し方がよくわか…

横歩取り対青野流

24から。 青野流が横歩取りの決定版になりそうで、プロ間で横歩取りの将棋が減っているそうです。 プロで流行ればアマでも流行るのは必然で、横歩取りの持久戦(?)は体感で6割ぐらい青野流になると感じています。 自分も青野流をやりますが、今日は後手…

角換わり腰掛銀

24より。 角換わり腰掛銀で相手があまり見ない手を指してきて、序盤から優勢に。 飛車が変な位置にいるが、端を食い破って攻めの調子はいい。 時間に追われて飛車筋を通したく▲3三歩としたのがお手伝い。 ここは▲2一と金で先手優勢+1000越え。 もちろん…

居飛車力戦

将棋クエストから。 久々見た局面。 手筋をすっかり忘れている。 現局面は先手優勢。 次の一手は? ▲2一飛成が正着。 一見先手ピンチのようだが、△8八角成▲同金△同飛成に▲3三角が王手龍でゲームセット。 だから上図では△8八飛成から突っ込むことになる。…

対一手損角換わり(右四間飛車)

24より。 下図が飽和点。 ▲2五歩、▲4五歩の形はやりたくなかったけど、△6四角も嫌だしほかに指す手がわからなかったので仕方なしにやる。(評価値は+150ぐらい) ここで相手が△4四歩と動いてきた。 後手も指す手が難しいと思っていた? でも流石によ…

対四間飛車(鷺宮定跡)

鷺宮定跡から下図。 ここで素直に▲3四銀でよかった。 △4三金を恐れて▲2四歩を利かしたのがいけなかった。 上図は後手の反撃でこれが痛かった。 上図は駒損が確定している。 ▲2四歩を突いてしまった効果で銀桂交換になってしまった。 もし▲2四歩を突かず…

角換わり感想戦

24より。 角換わり腰掛け銀。 先手が自分。 先手から仕掛けたが、後手が攻められるぐらいなら攻めてしまえときたのが上図。 ▲同歩として狙いの反撃があったが、最終的には後手に一方的に桂馬を捌かせてしまって劣勢になった。 ここでは▲同歩と取ると、必ず…

読んだ本

将棋関連で最近読み終わった本。 コンピュータ発! 現代将棋新定跡 (マイナビ将棋BOOKS) 作者: suimon 出版社/メーカー: マイナビ出版 発売日: 2018/06/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る コンピュータに読み込ませて並…

10切れで三段、3切れで二段に昇段しました。

そういえば10切れ三段になったこと書いてなかったんですね。 まあそれはいいとして。 2018年7月14日、3切れで二段になりましたー! しかも10連勝とな。 好調かよ~。 そして昇段の対局より。 相手が先手。 角換わり腰掛け銀から上図はよくある局面だと思いま…

「コンピュータ発!現代将棋新定跡」開始。

最近、これ読んでます。 コンピュータ発! 現代将棋新定跡 (マイナビ将棋BOOKS) 作者: suimon 出版社/メーカー: マイナビ出版 発売日: 2018/06/12 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 読み終わったら、また更新します。

最近読んだ棋書とか取り組みとか

ブログ更新は久しぶりです。 まあ特に変化もないので更新することもないんですが…。 twitterには書きましたが、ウォーズで三段になってしまいまして。 そんなに実力ないのになー。 ただ最近、二段はともかく初段には絶対に負けちゃだめだなという意識になっ…

初心に帰って

将棋は指すけど、実戦と棋譜並べするぐらいで、将棋に対して真摯でない。 始めたころは詰将棋1日~問解いて、棋譜並べして、定跡勉強して・・・といろいろ計画立ててやっていた。 今は初段を超えて惰性でやっているだけで、正直微妙である。 詰将棋もやらな…